販路拡大 支援内容

省エネルギー・創エネルギーによる水道光熱費の経費削減を実施するだけでは、経営はうまくいきません。車の両輪のように「売上」「販路拡大」に関わる内容も合わせながら戦略をたてる必要があります。弊会所属の専門家によるサポートを実施することで販路拡大と経費策削減の両面から「利益」の確保を目指します。

建築物・店舗内装設計 支援

水道光熱費を削減するためには、エアコンや冷蔵庫、照明などの単体設備を更新するだけでは難しい面が多くあります。建築物・内装面の仕様についても適切に設計を実施することで費用対効果を最大限発揮することを目指します。
ゼロ・エネルギービルディング(ZEB)を目指した仕様は、2050年カーボンニュートラルを目指す上で必須項目となってきます。今までのような設備頼った環境とするのではなく、小さなエネルギーで快適な空間を維持できる仕様を提案します。


クラウドファンディング・広告戦略 支援

様々な事業計画の中で「資金」獲得の手法として「クラウドファンディング」が取り上げられています。これまで資金獲得手法は、銀行融資などしかありませんでした。しかしながら、個人からも魅力的に映る提案であれば柔軟に「資金」を集めることができるようになってきています。事業自体の構成だけでなく入力や画像、イメージMovieの作成などについても弊会では支援しています。


デジタル化サポート 支援

2021年9月には「デジタル庁」が発足しました。これまでのアナログベースでの情報管理だけでなく、デジタル化でクラウドデータベースを活用することで様々な連携ができるようになっています。費用面からとっつきにくいデジタル化ではありますが、まずはコンサルティングアドバイスをうけることで利便性と情報活用をすすめることが可能となります。